2007年05月16日

待顔

スヌーピーショップの前で恋人を待つ幸福はまあこんなものかも (荻原裕幸

電柱に埋まってしまった。
最初は背中だけであった。
後ろを失うと前を失うのは必定である。
すうと飲み込まれていた。
片想いの人を待っているうちに埋まってしまった。
そういうわけで電柱の中にいる。
犬に小便を引っ掛けられる。
片想いの人の獣の香がする。
喉が渇くので赤信号の液を飲む。
飲んでも飲んでも液は尽きることがない。
舌が真っ赤に染まる。
片想いの人がやってくる。
電柱の中にのそりと入ってくる。
前から、入ってくる。
二人して赤信号の液を飲み干す。
電柱から出るのである。
070516
posted by 日菜清司 at 20:47| Comment(25) | TrackBack(1) | 歌流歳歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

艶陽

牛乳をくばりに来たとこゑはいふ なつかしく甘やかな声音に (小池光

睦言を落とす。
恋人の乳頭に貼り付けていたのがひとりでに落ちる。
平生の睦言は眼前まで弾む。
が、近頃は弾まない。
恋人の鎖骨やら盆の首やら頭頂部やらにぼくのではない睦言が貼り付いている。
それらはよく弾む。
ぼくの背丈を越えて幾つもの睦言が弾む。
乳頭を噛む。
恋人は身を捩って聞いたこともない甘言を漏らす。
ひゅららりゃったひゅりゅっぱ、と。
もういっとう強く噛んでみる。
睦言がひとりでに落ちる。
それは落葉に埋もれて直に腐敗するのである。
ひゅららっぱ、恋人は甘言を漏らす。
濡れタオルの要領で二周にも三周にも身を捩るので睦言がぼとぼと落ちる。
070507
posted by 日菜清司 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌流歳歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

転転

シユミーズを盗られてかへる街風呂の夕べひつそりと月いでて居り (中城ふみ子

おや、と思う。
足の指が足りない。
ひい、ふう、みい。
タケノコトリさんは数える。
が、足りない。
歩くたんび減っていく。
マンホールに指が転がり落ちる。
あら、と声にする。
ぽとり、耳が落ちる。
眼球が落ちる。舌が抜け落ちる。
するりとマンホールに飲みこまれる。
まあ、と覗きこむ。
マンホールからうさぎがやってくる。
こんにちは、うさぎは云う。
こんにちは、タケノコトリさんは応える。
タケノコトリさんの指やらなんやらを持っている。
うさぎはうさぎの尾やら耳やら脚をタケノコトリさんに取りつける。
うさぎはタケノコトリさんの表皮をひん剥いて、纏う。
手際が良い。
さようなら、タケノコトリさんのなりをしたうさぎは云う。
さようなら、うさぎのなりをしたタケノコトリさんは応える。
月の照る夜はいつもこうである。
急いで帰らねばならない。
20050122
posted by 日菜清司 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌流歳歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

燐光

あの冬の祖母が無理矢理つれてきた紫パーマの女祈祷師 (笹公人

いつぞやのむらさきさんが死んだ。
むらさきさんは何度も死ぬ。
子供を生むたんび死んでしまう。
ほんとうの名前は知らない。
紫の鰭でゆらと泳ぐのでそう呼んでいる。
平生は魚の態をしている。
子供を生むとき人のような態になる。
鰭がすうとなくなる。
小指の先ほどの子供を生む。
じきに掌ほどに成長する。
紫の鰭でゆらと泳ぐのである。
そうすると子供を生んで、死ぬ。
生まれた子供は子供を生んで、死ぬ。
人のような人ではないような態で死んだむらさきさんたちを壷にぎゅうと入れる。
いいのいいの、だか。
いやよいやよ、と聞こえる。
幾千万のむらさきさんを埋めてきた。
20041105
posted by 日菜清司 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌流歳歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

穴糸

あのこ紙パックジュースをストローの穴からストローなしで飲み干す (盛田志保子

どうぞ、そう云って穴兔から電話機を手渡される。
前の電話機は糸が切れてしまった。
片想いの人が噛み切ったのである。
頬ずりをしていれば電話機なんていらないじゃないの、と。
糸を紡ぐ。
新しい電話機に取り付けるのである。
片想いの人の唾液を頂く。
掌上で幾度も唾液を擦る。
するとほのと桃に発色した糸ができる。
新しい電話機に取り付ける。
片方の電話機を穴兎に手渡す。
よしきた、そう云って穴兎は駆ける。
すとんと穴に飛び込んだ。
穴は深い。
どのくらい深いのかとんと知れない。
片想いの人が住んでいる穴で暮らすわけにいかない。
070108

付記
posted by 日菜清司 at 16:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 歌流歳歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

水禽

魚食めば魚の墓なるひとの身か手向くるごとくくちづけにけり (水原紫苑

水でできたひとは水でできているので名は、ない
名がないと後ろから呼びかけるとき困る
どのように呼びかければいいのでしょうか、タケノコトリさんは問う
後ろから呼びかけるときに不便ですから、と
わたくしには前も後ろもございません、水でできたひとは応える
よって呼びかけることなどないのです、と
水でできたひとはコップの中からタケノコトリさんをしきり誘う
まぐわいをいたしましょう、と
タケノコトリさんの手を引く
するりと衣服を剥ぐ
背中の翼を丁寧に折る
そうして一糸まとわぬタケノコトリさんをコップに注ぐ
まぐわいがはじまるとほとんど液状の態になる
ぴちゃ、と甘い息を漏らす
それが水でできたひとの液体なのかタケノコトリさんの液体なのかとんと聞き分けられなくなる
まぐわいが果てると水でできたひとは消える
す、と
空のコップがテーブルをごろんと転がる
水でできたひとに名がないと、やはり困る
タケノコトリさんは衣服を一枚ずつ身に着けながら思う
背中の翼がどうもうまくくっつかない
061222
posted by 日菜清司 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌流歳歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

薫修

こんなにも湯呑茶碗はあたたかくしどろもどろに吾はおるなり (山崎方代

ファクシミリの赤いランプが点滅する
恋人が来るのである
まずは花が届く
ファクシミリの紙片を集めて花にする
ほどなく恋人がファクシミリでやってくる
散らばった紙片を集めて恋人の姿色を作るのである
乳房にふうと息を吹きかける
すると恋人はほのと熱を帯びて目を開ける
ひとしきり舌と舌を絡めあわせると恋人はばらばらの紙片になっていく
帰るのである
ファクシミリの番号ボタンを押して送り届けてやる
部屋に残った花がつんと香る
061201
posted by 日菜清司 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌流歳歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

氷魚

一心に船漕ぐ男遥に見ゆ金色の日がくるくると射し (北原白秋

望遠鏡に少年が住みついて久しい
箒星を見ているときに気がついた
レンズの縁をえんえん走りまわっている
フレームの端に少年が映える
気になると言えば、気になる
晴れた夜には流星をひとつ掴んでくれるので目こぼしにしている
穀を食い潰すわけでない
レンズの縁に蜜を塗ってやると舐める
舐め終わると再び円形のレンズの縁を走りまわるだけである
少年が掴んだ星がわんさとある
ポケットはじんと熱い
もういらないと言えば、いらない
わんさとある星をいかようにするか思案している
少年はようようと泳いでいる魚座の尻尾に手を伸ばす
欲しいかと言えば、やはり欲しい
061031
posted by 日菜清司 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌流歳歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

溶溶

「中学のころまで『金魚すくい』って『金魚救い』と思い込んでた」 (千葉聡

雪ではなかった
聾の恋人は指文字で教えてくれる
千代紙の雪がしんしん降り積もっているのです、と
指はひやこい
恋人の指は床にぽろぽろ落ちる
文字になるや指は一瞬だけ熱を帯びる
やがて溶けて消える
千代紙の雪は降り続ける
聾の恋人はどれだけ積もったか夜を通して教えてくれる
千代紙の雪は溶けないので片づけが骨である
061017
posted by 日菜清司 at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌流歳歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

星雨

久方の天に一つの星ありて水にすがたをうつしけるかも (尾山篤二郎

水溜りに女の人が住んでいる
700年ほどになる
かしかし、かしかしと聞こえる
ゴイサギの白斑の羽を洗っている
どうして水溜りに住んでらっしゃるのですか、ぼくは問う
400年ほど前のことだろうか
星座になぞなりませんわ、女の人は応える
かしかし、かしかし
水溜りから羽を洗う音が聞こえる
白斑の羽を外したゴイサギが水溜りの中から空を見ている
水溜りに女の人が住んでいる
700年ほどになるだろうか
20050508
posted by 日菜清司 at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌流歳歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

滝絞

自然がずんずん體のなかを通過するー山、山、山 (前田夕暮

滝を売っているです、羽根のあるひとは云う
どんな滝ですか、タケノコトリさんは問う
どんな滝も作るです、羽根のあるひとはタケノコトリさんの衣服を剥ぎながら応える
緑色のフレアスカートとニット帽子とシャツがすぅと床に落ちる
どうもこの滝は死にかけているです、タケノコトリさんのはらわたを指でつまんでは羽根のあるひとは云う
タケノコトリさんは甘言を漏らす
滝が死ぬとどうなるのですか、赤色の下着がほとんど肌蹴てしまったタケノコトリさんは問う
あらゆるものは死にかけているです、羽根のあるひとは云う
滝はその始まりに過ぎませんです、タケノコトリさんの衣服はすべて剥がれてしまう
しかし滝は必要であるです、羽根のあるひとは云う
死の速度は様様であるです、部屋はこぼれたヒヤシンスの香水で甘たるい
滝はその源であるです、羽根のあるひとはタケノコトリさんの臓器に手首まで入れて掻き回す
タケノコトリさんは眠るように目を閉じていっとう甘い甘言を漏らす
じきに出来上がるです、羽根のあるひとは云う
060914
posted by 日菜清司 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌流歳歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

磨墨

ほゝゑみてうつゝごゝろにありたゝす百済ぼとけにしくものぞなき (會津八一

石を拭く
20cmばかりの細長い石である
ほほ、ほほと聞こえる
ただの石ではない
ほほ、ほほと鳴る石はついぞない
なんの石かというとなんの石でもない
タケノコトリさんに譲っていただいた
ほほ、ほほと鳴る石です、と
いい音色である
しずしずと脊髄を揺らせる
ほほ、ほほと音をだす拭き方がある
タケノコトリさんに拭いていただく
ガーゼを畳む
もう半分に畳む
ほほ、ほほといっとう艶かしい音色が響く
このような音色を奏でることはできない
060725

posted by 日菜清司 at 20:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 歌流歳歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

埋玉

この春はちぢむ乳房のをかしくもかろき心となりて梅見る (日高堯子

花の名を教えていただく
マニキュアの壜が転げる
聾の恋人の指はゆくゆくと聞いたこともない美しい名になっていく
恋人の指が取れて落ちる
その名を指で形作るたび落ちる
ぽろろ、ぽろろ落ちる
土に降りた聾の恋人の指は女の子になる
赤いのやら緑のやら橙のやら紫のやらそれぞれの色の帽子を被っている
女の子たちは銘銘に土に潜る
花が咲くのよ、恋人は教えてくれる
聾の恋人は喉へぼくの手を導く
花の名を告げた喉はいっとう柔らかい
そのまま力を加えずにすんと絞まっていく
060706
posted by 日菜清司 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌流歳歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

斑葉

あいみてののちの心の夕まぐれ君だけがいる風景である (俵万智

片想いの人の羽根が伸びている
平生はかようではない
しかと注視しないと羽根があることにさえ気づかない
それが存外に伸びている
片想いの人が着ている水玉模様のワンピースを突き破って羽根は鮮やかな黄色を帯びて伸びている
背中に乗りませんか、片想いの人は云う
云われるままに乗る
ふうわと、浮く
50cmから80cmばかりの地点を揺れながら、浮く
チャックを外していただけませんか、片想いの人は云う
云われるままにワンピースのチャックを外す
片想いの人は甘言を漏らす
背中がすんと揺れる
片想いの人の着衣をすべて剥いで床に放る
ヒヤシンスの香水の匂いがいっとう甘たるい
0600607
posted by 日菜清司 at 22:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 歌流歳歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

音容

抱くとき陽射しの匂うやさしさはピアノの蓋にちるさくら花 (加藤治郎

眠るタケノコトリさんの唇に女の子がいる
上唇に頭を乗せて下唇で脚をばたつかせている
薄桃のワンピースを着た女の子である
こんな女の子はついぞ見たことがない
こんにちは、ぼくは云う
ふりゅららったりゅっぱ、女の子は応える
おいで、ぼくは手を差し出す
りゅら、女の子は背中の羽根をはためかせる
楕円の弧を描いてすうと飛ぶ
ちょうちょ、ちょうちょの唄の速さで飛んでくる
楕円の頂点で動きを止める
大丈夫ですか、ぼくは問う
りゅら、りゅうらたっぺ、女の子は応える
静かに羽根を畳んで下降する
ぼくの手のひらに乗る
てんでやわらかい
壊さないよう指を折る
タケノコトリさんは眠っている
唇に女の子をそっと戻す
060509
posted by 日菜清司 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌流歳歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

井筒

どこに行けば君に会えるということがない風の昼橋が眩しい (永田紅

眼球を貸していただけませんか
片想いの人が求めるので黒目をくりぬく
どうぞと貸してやる
いつものことである
膝も指も鼻も血液もあらかたの臓器も片想いの人に貸したままである
なにひとつ戻ってこない
貸せと云うから、貸す
すごいわ、
まだ名前のついていないありとあらゆる色が見えるわ、片想いの人は云う
ぼくが貸した脚をつけた片想いの人はせせらせせらと流れる川向こうへ歩いていく
名前のついていない色をちぎる
名前をつけてはぼくが貸した臓器に詰めていく
次は耳だろうか
20051217
posted by 日菜清司 at 19:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 歌流歳歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

虹彩

手づくりのいちごよ君にふくませむわがさす虹の色に似たれば (山川登美子

新しい虹ができましたわ、恋人から虹を頂く
どこにでもある普通の虹である
それぞれの色の帽子を被った七人の小人である
帽子はわたくしが編んだのですよ、
どうぞかわいがってやってくださいまし、恋人は云う
小人をひとりずつ口に含んで口移ししてくださる
ぼくの口に虹ができる
そのまま持ち帰る
やはり虹であるから水の周りに置いたほうがよかろうと浴槽に小人を浮かせてやる
気持ちよさそうにゆらと泳ぐ
七人で美しい半円の虹の弧を描いてくれる
ほうと見惚れる
見惚れたまま眠ってしまう
迂闊である
うたた寝をしているうちに六人が溺れ死んでしまった
生き残った赤い小人と死んでしまった六人を口に含む
恋人に返しに行く
蘇生するだろうか
060413
posted by 日菜清司 at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌流歳歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

瀬音

まみえしはこの世の櫻ちる櫻腐る櫻よなれど遇ひにき (紀野恵

いつもぶかぶかの桃色の野球帽を被っている
川を歩いて渡るとき荷物を詰めるのである
鮭の燻製とブルーベリーヨーグルトとエジプトの地図を桃色の帽子に詰めて被る
川向こうに住むトミタトミミさんに届けるのである
旨いうまいと云ってそれを喰う
足りないだろうと胡瓜と生ハムのサンドウィッチを差し出したがいらないと返される
トミタトミミさんは燻製とヨーグルトしか喰わない
川向こうは風の流れが悪く死者の悪臭と腐敗がひどい
一緒に川岸へ戻りましょうと誘うがトミタトミミさんは首肯しない
かつては川岸で共に暮らしていたのである
荷物さえ届けてくれればよいと云う
次に火星の地図をと頼まれる
帽子が風で飛んでしまわないよう手で押さえながら川岸へひとりで帰る
此岸の風と彼岸の風が混じり合い螺旋の渦となって桃色の野球帽を舞わせる
すんと風が止む
川魚の泳ぐ音がいっとう高く打つ
ぴちゃ、ぴちゃぴちゃ、ぴちゃぴちゃぴちゃ
いつかのトミタトミミさんの睦言がする
魚は列を成して川の流れに沿って泳いでいる
ぼくは川岸へと歩きはじめる
060414
posted by 日菜清司 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌流歳歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

鱗粉

きみに逢う以前のぼくに遭いたくて海へのバスに揺られていたり (永田和宏

運転手の運転帽子がぶかぶかである
森を走行しているころはそんなではなかった
もっとぴたりと頭部に収まっていた
バスは獣たちを運んでいる
森を抜けたころから運転手の運転帽子はずれ落ちそうである
車内は水っぽい
乗客の獣たちはほとんど魚の風体である
獣らしさが消え魚になりつつある
散乱した鱗が黄色い室内灯に照らされる
およそ車内は水びたしである
主を失った運転帽子がぷかぷかと浮かぶ
運転手はバックミラーを調節する
バックミラー越しではそれらが獣か魚かとんと見分けられない
鱗の輝きで前を窺うこともできない
潮の匂いがする
海だろうか
バスはぐんと速度を上げる
060316
posted by 日菜清司 at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌流歳歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

風紋

むらさきの風の中へと足二本入れては抜きてブランコを漕ぐ (栗木京子

恋人の寸法がよく狂う
ときどき、縮む
手の平ほどだろうか
ぼくの足元で名を呼んでいる
いやよいやよ、と聞こえる
声は艶っぽい
ときどき、膨らむ
ぼくの背丈を少し超える
頭上からぼくを呼ぶ
いいのいいの、と聞こえる
声はいっとう艶っぽい
寸法を変えながら艶っぽい声でぼくの名を呼ぶ
呼ばれるたび振り返る
いやよいやよ、いいのいいの、いやよいやよ、いいのいいの
風向きが変わって恋人のむらさきのフレアスカートがふわんと揺れる
いやよいやよ、いいのいいの
恋人の声はいっとう艶っぽい
060307
posted by 日菜清司 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌流歳歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。