2007年02月06日

燐光

あの冬の祖母が無理矢理つれてきた紫パーマの女祈祷師 (笹公人

いつぞやのむらさきさんが死んだ。
むらさきさんは何度も死ぬ。
子供を生むたんび死んでしまう。
ほんとうの名前は知らない。
紫の鰭でゆらと泳ぐのでそう呼んでいる。
平生は魚の態をしている。
子供を生むとき人のような態になる。
鰭がすうとなくなる。
小指の先ほどの子供を生む。
じきに掌ほどに成長する。
紫の鰭でゆらと泳ぐのである。
そうすると子供を生んで、死ぬ。
生まれた子供は子供を生んで、死ぬ。
人のような人ではないような態で死んだむらさきさんたちを壷にぎゅうと入れる。
いいのいいの、だか。
いやよいやよ、と聞こえる。
幾千万のむらさきさんを埋めてきた。
20041105
【関連する記事】
posted by 日菜清司 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌流歳歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。