2006年12月25日

天衣

コピー機が(きょうもあしたもあさっても青い事務服)壊れたようだ

かすが苑で羽根を売るようになって久しい
以前は易者をしていたが眼を患ってやめた
そういうわけで羽根を拵えている
暮れも迫ると羽根を傷めた天使たちがやってくる
てんやわんやで目を回す
羽根を失った天使はどこにも着地できずに小さくなって死ぬ
死なせるわけにいかない
背中の寸法を取って目方を量る
修繕してやるのである
汚れた部位を拭く
色の褪せた部位は塗る
そのようにして美しく磨き上げた羽根を背中につけてやる
ひゅらりゅっぱひゅひゅらりゅった、天使たちは歓声をあげる
二度、三度、ループを描く
空に光粉が幾つもの円になる
そうして各各の風を見つけては羽ばたいていく
今年も天使たちは忙しくなるらしい
メリークリスマス
061225

この寓話は下記と関連を持つ。

天使たちのシーン
http://57577.seesaa.net/article/1383507.html
天使たちのシーン2
http://57577.seesaa.net/article/3585028.html
【関連する記事】
posted by 日菜清司 at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | my song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30259647

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。