2006年07月25日

磨墨

ほゝゑみてうつゝごゝろにありたゝす百済ぼとけにしくものぞなき (會津八一

石を拭く
20cmばかりの細長い石である
ほほ、ほほと聞こえる
ただの石ではない
ほほ、ほほと鳴る石はついぞない
なんの石かというとなんの石でもない
タケノコトリさんに譲っていただいた
ほほ、ほほと鳴る石です、と
いい音色である
しずしずと脊髄を揺らせる
ほほ、ほほと音をだす拭き方がある
タケノコトリさんに拭いていただく
ガーゼを畳む
もう半分に畳む
ほほ、ほほといっとう艶かしい音色が響く
このような音色を奏でることはできない
060725

【関連する記事】
posted by 日菜清司 at 20:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 歌流歳歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
彼が開けたその箱の中には
首だけの女の子がいて
「ほぅ」
と応えた。

なぜかそんなお話を思い出しました。

こちらでは、初めまして。

しばらくは石仏様をみると
艶めかしくも物悲しい「ほほ」の音を
思い出しそうです。
Posted by d_snow at 2006年08月01日 23:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21387134

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。