2006年07月06日

埋玉

この春はちぢむ乳房のをかしくもかろき心となりて梅見る (日高堯子

花の名を教えていただく
マニキュアの壜が転げる
聾の恋人の指はゆくゆくと聞いたこともない美しい名になっていく
恋人の指が取れて落ちる
その名を指で形作るたび落ちる
ぽろろ、ぽろろ落ちる
土に降りた聾の恋人の指は女の子になる
赤いのやら緑のやら橙のやら紫のやらそれぞれの色の帽子を被っている
女の子たちは銘銘に土に潜る
花が咲くのよ、恋人は教えてくれる
聾の恋人は喉へぼくの手を導く
花の名を告げた喉はいっとう柔らかい
そのまま力を加えずにすんと絞まっていく
060706
【関連する記事】
posted by 日菜清司 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌流歳歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20368877

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。