2006年05月23日

江湖

陸で溺れるぼくたちはこんなにもシャツを洗えるみずうみをもつ

蛙に誘われて枯れた泉の底を拭きに行く
夏至でございますし、蛙は云う
このような古式ゆかしき泉磨きでもひとついかがでしょうか
そういうわけで泉を拭いている
蛙に誘われては断れない
乾雑巾で拭く
これが骨である
でこぼこで膝を剥く
枯れた泉は相当に広く荒れている
蛙は手際よく磨いていく
ぴょん、ぴょん、と四隅を輝かせる
さて、蛙は云う
こんなものでございましょう
来年の夏至はあちらの泉を磨きに参りましょう、と
豊潤な泉を指差す
あれは豊かな泉ではないですか、ぼくは問う
枯れてしまうとは到底思えません、と
いいえ、蛙は応える
どんな泉も必ず枯れるのでございます
そしてその底を拭いてやるとふたたび豊かな水が湧きだすのでございます、と
蛙は緑のシャツを脱いで磨いた泉に跳びこむ
枯れた泉から新しい水がふつふつと湧きだす
蛙はどことなく先ほどよりも蛙らしく見える
060523
【関連する記事】
posted by 日菜清司 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | my song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。