2006年04月14日

瀬音

まみえしはこの世の櫻ちる櫻腐る櫻よなれど遇ひにき (紀野恵

いつもぶかぶかの桃色の野球帽を被っている
川を歩いて渡るとき荷物を詰めるのである
鮭の燻製とブルーベリーヨーグルトとエジプトの地図を桃色の帽子に詰めて被る
川向こうに住むトミタトミミさんに届けるのである
旨いうまいと云ってそれを喰う
足りないだろうと胡瓜と生ハムのサンドウィッチを差し出したがいらないと返される
トミタトミミさんは燻製とヨーグルトしか喰わない
川向こうは風の流れが悪く死者の悪臭と腐敗がひどい
一緒に川岸へ戻りましょうと誘うがトミタトミミさんは首肯しない
かつては川岸で共に暮らしていたのである
荷物さえ届けてくれればよいと云う
次に火星の地図をと頼まれる
帽子が風で飛んでしまわないよう手で押さえながら川岸へひとりで帰る
此岸の風と彼岸の風が混じり合い螺旋の渦となって桃色の野球帽を舞わせる
すんと風が止む
川魚の泳ぐ音がいっとう高く打つ
ぴちゃ、ぴちゃぴちゃ、ぴちゃぴちゃぴちゃ
いつかのトミタトミミさんの睦言がする
魚は列を成して川の流れに沿って泳いでいる
ぼくは川岸へと歩きはじめる
060414
【関連する記事】
posted by 日菜清司 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌流歳歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16535257

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。