2004年12月24日

天使たちのシーン

カレンダーの隅24/31 分母の日に逢う約束がある (吉川宏志

「かすが苑」で羽根を売るようになって10ヶ月になる
以前は易者をしていたが俯瞰して先を見通す視力をすっかり失くしたので辞めた
そういうわけでかすが苑に雇われて羽根を売っている
年末のかすが苑の忙しさには目を廻す
客の肩幅の寸法やら体重やらを基に理想的な羽根の角度を算段し制作に取りかかる
また天使を生業にしている客がクリスマスを前によれよれの羽根の修繕に多く訪れる
かすが苑には予約の電話がにぎにぎと鳴り響きぼくは片っ端に羽根の制作と修繕に目を廻す
最後に予約の電話をかけてきたのは恋人であった
飛べないの、恋人は云う
羽根が壊れたわけでもないのにどうしても飛べないの、
もしかしたら修繕してもらってももう飛ぶことができないかもしれないわ、ぼくは帳面を広げて晦日の端の箇所に恋人の名前を赤く記入する
恋人の羽根の修繕が今年最後の仕事である
ねえ、と恋人
今年も天使が来たわ、恋人はつづける
ぼくは耳を傾ける
わたしにきらきらの粉をたくさん落としていってくれたの、
街中に天使たちの一群が飛んでいくのを見たわ、
あなたが作った羽根をつけた天使だったわ、と
じゃ来週ね、恋人はしずかに受話器をおろす
それからぼくは狂ったように羽根を作りつづける
ぼくたちはこの先どうなるのだろうか、と時折考える
恋人はぼくの作った羽根ではもう飛べないのだろうか、と
先のことはわからないほうがいいやも、しれない
ぼくは羽根を作りつづける
天使たちにより遠くより多くの街へ飛んでもらうために
メリークリスマス あいしています
20040618
【関連する記事】
posted by 日菜清司 at 22:43| Comment(2) | TrackBack(2) | 歌流歳歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。ひよこと申します。

偶然こちらの記事を拝見して、
勝手にヘンな夢を見たのでTBさせて頂きました。

日菜さんの美文に、駄文を並べるかのようで
恐縮ですが。。。ご挨拶まで(^-^;
Posted by ひよこ at 2004年12月31日 10:05
僕の文章が夢という形をとって伝わったことをたいへんうれしく思っています

読者の方ひとりひとりの心の未使用の部屋にこんこんとノックをするように、と思って文章を書いています

夢という部屋にまで僕の文章が、わずかであれ、届いたのあればこんなにうれしいことはありません
ご報告ありがとうございます
Posted by 日菜清司 at 2005年01月01日 22:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1383507

この記事へのトラックバック

小説、ポエム
Excerpt: 小説、ポエム専用のトラックバックセンターです。どなたでもお気軽にトラックバックしてください。 ...
Weblog: ブログ村 トラックバック広場
Tracked: 2004-12-28 20:58

或る日の夢
Excerpt: その日偶然立ち寄った、(日菜さんのblog)にInspireされたのか。 私らしくもなく(?)少しフシギな夢を見ました。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 夢の中で..
Weblog: たゆたう
Tracked: 2004-12-31 10:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。