2006年06月07日

斑葉

あいみてののちの心の夕まぐれ君だけがいる風景である (俵万智

片想いの人の羽根が伸びている
平生はかようではない
しかと注視しないと羽根があることにさえ気づかない
それが存外に伸びている
片想いの人が着ている水玉模様のワンピースを突き破って羽根は鮮やかな黄色を帯びて伸びている
背中に乗りませんか、片想いの人は云う
云われるままに乗る
ふうわと、浮く
50cmから80cmばかりの地点を揺れながら、浮く
チャックを外していただけませんか、片想いの人は云う
云われるままにワンピースのチャックを外す
片想いの人は甘言を漏らす
背中がすんと揺れる
片想いの人の着衣をすべて剥いで床に放る
ヒヤシンスの香水の匂いがいっとう甘たるい
0600607
posted by 日菜清司 at 22:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 歌流歳歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。