2006年03月16日

鱗粉

きみに逢う以前のぼくに遭いたくて海へのバスに揺られていたり (永田和宏

運転手の運転帽子がぶかぶかである
森を走行しているころはそんなではなかった
もっとぴたりと頭部に収まっていた
バスは獣たちを運んでいる
森を抜けたころから運転手の運転帽子はずれ落ちそうである
車内は水っぽい
乗客の獣たちはほとんど魚の風体である
獣らしさが消え魚になりつつある
散乱した鱗が黄色い室内灯に照らされる
およそ車内は水びたしである
主を失った運転帽子がぷかぷかと浮かぶ
運転手はバックミラーを調節する
バックミラー越しではそれらが獣か魚かとんと見分けられない
鱗の輝きで前を窺うこともできない
潮の匂いがする
海だろうか
バスはぐんと速度を上げる
060316
posted by 日菜清司 at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌流歳歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

風紋

むらさきの風の中へと足二本入れては抜きてブランコを漕ぐ (栗木京子

恋人の寸法がよく狂う
ときどき、縮む
手の平ほどだろうか
ぼくの足元で名を呼んでいる
いやよいやよ、と聞こえる
声は艶っぽい
ときどき、膨らむ
ぼくの背丈を少し超える
頭上からぼくを呼ぶ
いいのいいの、と聞こえる
声はいっとう艶っぽい
寸法を変えながら艶っぽい声でぼくの名を呼ぶ
呼ばれるたび振り返る
いやよいやよ、いいのいいの、いやよいやよ、いいのいいの
風向きが変わって恋人のむらさきのフレアスカートがふわんと揺れる
いやよいやよ、いいのいいの
恋人の声はいっとう艶っぽい
060307
posted by 日菜清司 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌流歳歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

兎耳

ああいつた神経質な鳴り方はやれやれ恋人からの電話だ (荻原裕幸

恋人が片の耳を置いていく
帰るとき右の耳を千切るのである
わたくしだと思ってかわいがってやってください、恋人は云う
どうか睦言をたくさん聞かせてやってくださいな、と
きっと、きっとよ
恋人の耳に吊るされていたピアスの兎が縦横無尽に部屋を飛び跳ねる
すばしっこく実に難儀である
夜を通して兎を追いかけている
漸く追いつく
すでにぼくの部屋のなんもかんもが兎の穴倉へ持っていかれてしまった
兎はひひと笑って恋人の耳へと戻る
いっとうすんとした朝である
06030
posted by 日菜清司 at 20:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 歌流歳歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。