2005年07月19日

リップスティックは転がる

週末が始まらなかった日曜は小さく前へならって眠る

まっすぐ歩くのが不得手である
右へ右へ、ずれる
で、前へ進めずぐるりと円を描くんである
リップスティックが転がる
うまく追えないで困る
右へ右へ、ずれる
で、リップスティックは蛍光色を弾かせながら果てしなく転がり落ちてゆく
そのようにすとんと眠る
20040821
posted by 日菜清司 at 19:54| Comment(2) | TrackBack(0) | my song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

舌を切る

すきすきといいたいだけの女生徒の夏はひとしく焼ける舌先

プリント倶楽部のプリントが舌にくっついて取れない
亜季潤子有紀英恵美樹夏子愛陽子千晴ステファニー七恵翠恵美裕美リンダ佳苗美鶴佳余心弥枝郁子ユナ朱音千代桜町子睦子芳実千尋
鋏で舌先をちょきちょきと切れども切れども女のシールがくっついた舌がはえてくる
接吻のときなぞ困る
出鱈目ばかり喋りまくる
舌の先はいっそ熱を帯びてゆく
20050713
posted by 日菜清司 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | my song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

たぶん雨

こんな日に三つ眼の猫と遭ったのだ 4月最後の雨の日だった (緒川景子

水でできたひとは水でできているので名は、ない
名がないとうしろから呼びかけるときに困るが水でできたひとには前も後ろも、ない
で、タケノコトリさんのほうから呼びかけることは、ない
水でできたひとはいつもコップのなかから声をかける
まぐわいをいたしましょう、と甘たるい声で云う
そう云われるとタケノコトリさんは衣服を脱いで液体になってコップのなかにするりと入ってまぐわいをする
幾度もまぐわう
粘っこくまぐわう
およそ水でできたひとの水かタケノコトリさんの液体か見分けられないくらい交じり合う
コップはゆらり波打つ
まぐわいが果てるとコップの水はすぅと、消える
水でできたひとの甘たるい声が雨音に消される
ここのところ雨ばかり降る
水でできたひとには名がないので呼びかけることができない
雨はいっそう激しく降る
20040929
posted by 日菜清司 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌流歳歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

短歌バトン

歌友・緒川景子さんから短歌バトンが届く
なんでも短歌に関する質問に答えては同様の質問事項を次の方へお渡しするバトンだそうな
このバトンのスタートは篠田算さん

さっそく答えていきます


■ 短歌を始めたきっかけを教えてください。
「かんたん短歌の作り方」(枡野浩一著)を偶然見つけて身体中に電流が走る
感嘆したあまりかんたん短歌を愛しつつも別のベクトルへ進むことを決意
現在に至る

■ 好きな歌人がいれば教えてください。
東直子さん

■ あなたの好きな短歌を3首挙げてください。
目薬を怖がる妹のためにプラネタリウムに放て鳥たち/穂村弘
人工の光に囲まれた弱きものへのやさしい視線
感動的な歌

おねがいねって渡されているこの鍵をわたしは失くしてしまう気がする/東直子
そうやっていくつもの大切な鍵をなくしてきました

ゆれているうすむらさきがこんなにもすべてのことをゆるしてくれる/今橋愛
うすむらさきのアイシャドウが似合うひとの視界にゆらゆらと映っていたいです


■ あなたにとって短歌とはなんですか?
コップ
豊かな歌集を読むと心が潤います
歌を詠むときは溢さないように慎重に水を注ぎます

posted by 日菜清司 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。